Dog Doorは、ドッグトレーナーによる犬のしつけアドバイスや、ペットとのハッピーな暮らしをテーマにしたサイトです。              HOME | はじめまして | サイトマップ
"Knock Knock"
   Hi my friends ! Welcome to Dog Door!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
DogDoor卒業生(一部ご紹介)
レッスンでの様子を”Dog of the day(今日のわんこ)”と、ご紹介していたころの記事です。
レッスン開始時の愛犬の年齢や当時の飼い主さんのお悩みなどご参考ください。
この記事が少しでも、愛犬との絆を強くする為のヒントになれば幸いです。
もくじ
Dog of the day ⑤ Dog of the day ④ Dog of the day ③ Dog of the day ② Dog of the day ①

Dog of the day ⑤
 
レッスン開始時: 生後4ヶ月
当時の悩み: 興奮しやすい・甘噛みが痛い・ペットシートを噛みちぎる・引っ張り癖・他

パピー&入門&初級コース卒業 クーちゃん パピー&入門コースを卒業しましたヨークシャーテリアのクーちゃん。

飼い主さんの当初のお悩みは『甘噛みがひどい・飼い主さんの口元に飛び掛り口の中が出血する・吠える・ペットシーツを噛みちぎる・散歩中引っ張る・ケージから出すとほとんど休みなく走り続けたり物を噛み続ける』とのことでした。

クーちゃんはとにかくおてんば♪

飼い始めた当初から咳をしていて動物病院にかかっていたそうですが、担当の獣医さんより「この子のように興奮しやすい性格の暴れっ子にはよくあること」と言われたそうです。
レッスン当初も「どこにそんなパワーがあるのかな」と思うほどずっと興奮状態で、ノンストップで部屋中を走り回っておりました。
このパワーを風力発電とか水力発電のように「犬力発電」として利用できないものかとちょっと思いました^^; 

さてそんなクーちゃんでしたが、入門コースを卒業時には飛びつきが減り(多少はビヨ~ン、ビヨ~ンと飛びますが・・・)、飼い主さんを噛むことも少なくなりました。全然待てなかったのに飼い主さんの指示でかなり長く待つこともできるようになりました!引っ張り癖も随分となくなりましたが、興奮物(子供や自転車など)を見るといつものパワーが復活しパニック状態になることがまだあります。
あとはクーちゃんの興奮のスイッチが入っても、飼い主さんの一声でそのスイッチをオフにすることができるようトレーニングを継続するのみです。

柴犬の利希君の欄でもコメントしましたが(下記参照↓)、クーちゃんをしつけるには通常の「倍以上の根気」が必要です。
でも私は今までそういう子をしつけることを一度も「苦」だと思ったことはありません。犬とトレーニングすることは私の趣味みたいなものなので、逆にそれを楽しんでおります。トレーニングを諦めなければ愛犬は必ずその努力に応えてくれますから、みなさんも愛犬を信じてあげてトレーニングを続けてくださいね。

クーちゃんのようにパワーがある子は楽しい芸などを教えるとあっという間に覚えちゃいます。飼い主さんとの絆もますます強くなりますからクーちゃんの飼い主さんにもぜひ今の調子で頑張っていただきたいと思います。

さてクーちゃんですが、次は初級コースにチャレンジいたします。
卒業の頃はどう変化しているかな?楽しみです♪

クーちゃん、初級コースを卒業いたしました!
いつもご夫婦で仲良くレッスンを受けていただき、私が放って置いてもご自分達でどんどんトレーニングを続けておられ、気が付いたらクーちゃんは落ち着くのも早くなり、随分と長く待っていられるようになりました!クーちゃんは遊びが大好きで何かを教えるとすぐに覚えてしまいます!そこで臭いを嗅がせて物を見つける遊びを教えてみました。私はこれを「警察犬ごっこ」と呼んでいます^^

マテ 探して みつけたよー
①おもちゃを隠す飼い主さんの
「マテ」の指示に従うクーちゃん
②「探して」の指示で
おもちゃを探しています!
③「見つけたよー」と得意げな
クーちゃん。すごーい!

持ってきたよ おやつちょうだい♪ クーちゃんの飼い主さん、ここまで本当にお疲れ様でした!

毎回クーちゃんと飼い主さんの絆がどんどん強くなっていくのが感じられました。

まだまだ遊びたい盛りですから落ち着きがないことは多々?あるかと思いますが(笑)、これからも遊びを中心に楽しく暮らしてしてくださいね!
④探したおもちゃをきちんと
持ってきました^^

⑤「早くおやつちょーだい」
おやつの為ならエンヤコラ♪
 
レッスン開始時: 生後6ヶ月
当時の悩み: オスワリ、マテ、フセ等ができない・やんちゃ・基本的なトレーニングを習いたい・他


柴犬のごんすけ君です。先日入門コースを卒業いたしました!
オスワリ、マテ、フセ等ができないので、いつかできるようになったらいいな・・・と気長に構えていらした飼い主さんでしたが、ごんすけ君はレッスン初日にあっという間に覚えてしまいました^^;

「あらら・・・」とごんすけ君の上達っぷりに終始驚いていた飼い主さん^^ごんすけ君の表情はとても豊かで見ていて楽しいのですが、飼い主さんのその驚きっぷりを見ているほうが更に楽しかったです。(←勝手に楽しんですみません、飼い主さん^^;)

レッスン2回目からはマテの時間を伸ばす練習。根気よくマテを教え、レッスン3回目くらいからかなり長い時間待てるようになりました!はじめはなかなかじっと待つことができなかったのですが、飼い主さんの努力の結果きちんと待てるようになってきました。

さて問題はここから・・・。

ごんすけ君は家の中では基本トレーニングはバッチリなのですが、外に出ると少々ビクビクする面があり、まずは外の環境に十分に慣れさせる必要がありました。飼い主さんはごんすけ君のワクチンが終了するまではあまり外に出してはいけないのではないかと思っていたそうで、今までごんすけ君と室内で過ごすことが多かったそうです。

このDog of the dayでも何度かお話しておりますが、子犬の社会化期は生後5ヶ月弱で終わってしまいます。この時期までにさまざまな経験をさせないと警戒心が強くついてしまい、人間にとっては不都合な唸る・吠える・咬むといった問題行動が出てくることがとても多いです。ただごんすけ君の場合は幸いなことに、子犬のころから多くの人や犬と触れ合う機会があったようで、現在も誰かに警戒することもなく人も犬も大好きなようです^^ しかし音にとても敏感でレッスン当初は家の周りをちょこっと散歩するだけでビクビクしておりました。

「まずはもう少し外の環境に慣れてから外での基本トレーニングをしましょう」と飼い主さんにアドバイスをしてから2週間後、あららら・・・ビックリ!私の知らない間にごんすけ君が外に慣れているではありませんか!さすがごんすけ君の飼い主さんです^^

ごんすけ君の飼い主さんはとてもまじめな方で、こちらが出した課題を熱心にやってくださるのですが、それ以前にごんすけ君を心から愛しているのが伝わってくるほど褒めたり元気付けてあげるのがとてもお上手なのです。犬のしつけは人間側が本気にならなければ伝わらないことが多く、どうしたら飼い主さんがその本気を出せるのかと悩むこともあります。しかしごんすけ君の飼い主さんは元々持っていらっしゃる優しさのオーラーがすぐに愛犬に伝わるようです。そのオーラにとても驚きました^^;

というわけで、スムーズに・・・とまではいきませんが、外でも徐々に基本トレーニングができるようになってきました!後は「継続は力なり」です。飼い主さん、ごんすけ君!この調子で頑張ってくださいね(^^)b


入門コース卒業 ごんすけ君

男前でしょ♪




これからジャンプするところ♪

「レッスン最終日はジャンプを教えますね」と飼い主さんにお伝えしたところ、レッスン当日このようなとても立派なジャンプ台をご用意くださいました!ホームセンターで材料を買ってご自分で作ったそうです!器用ですね~。材料費は千円程だそうですよ^^


 
ドッグドア卒業後、飼い主さんの愛情が伝わってくる、ごんすけ君のお写真をいただきました!
「飼い主さんと一緒に、色んなところに出かけているんだね!ごんすけ君!」    
 
   
 
レッスン開始時: 生後4ヶ月半
当時の悩み: 気に入らないことがあると咬む・吠える・他

柴犬の利希(リキ)君。
レッスン当時、生後4ヶ月半。
獣医さんとトリマーさんを咬んでしまい「早いうちにしつけたほうがよい」と獣医さんにアドバイスされたそうで、利希君の飼い主さんはとても慌てたご様子でレッスン希望のお電話がありました。

愛犬に利希君と同じような行動が見られるという方、ぜひ慌てて下さい!
放っておくと、近い将来人を強く咬む可能性がとても高いです。
「おすわり」や「フセ」などは何歳になってからでもトレーニング可能ですが、こういった攻撃性に関しては生後5ヶ月くらいまでに服従心をつけさせないと改善するのが難しくなってきます。

利希君の年齢はちょうど子犬の社会化期が終わる頃で、レッスン初日もわんぱくっぷりを発揮してくれました^^;
パピー&入門コース卒業 利希君

犬の場合は生後6ヶ月で性格が決まると言われています。
飼い主さんのしつけ方だけではなく、その子犬の生まれ持った気質も関係してきます。
ちゃんとした繁殖知識のあるブリーダーさんから譲ってもらったという子犬は気質が穏やかな子が多いのに比べ、親犬がどんな気質であろうとおかまいなしに、金儲けのためにどんどん繁殖させるブリーダーさん経由できた子犬は、もともと気質があまりよくない子が多いようです。(注: 利希君の気質が悪いと言っているわけではありません。)

そういった理由でしつけが大変ということもありますので、ただ安いからという理由だけで犬を購入するのは危険です。(注: 利希君の飼い主さんは、安いという理由で購入したわけではありません。ちゃんと運命の出会いを感じて利希君に決めています。)
かといって悪徳ペット業者より販売される「激安!」の子犬たちを誰も飼ってくれないとなると、今度はこの子たちの行方が気になるところです。一番良いのは悪徳ペット業者が一日でも早くいなくなってくれることですね。

しつけの話に戻りますが、もともと気の強い子でもしっかりとしつけることによってちゃんと服従心がつきますから「うちの子はもう遅い」などと決して諦めないでくださいね。よそのお宅とは「倍以上の根気」がいるかもしれませんが、早いうちにしつけることで何とかなります。そして手がかかった分、愛犬がかわいくて仕方がないという飼い主さんが多いです。^^

さて利希君ですが、性格はドラえもんにでてくるジャイアンタイプ(笑)
人は大好きなんだけど、自分の言うことを聞かないとイライラ・・・。こういう子のしつけは特に根気が必要です。「面倒くさい・・・」としつけを怠ると「カミカミ王子(咬み咬み)」になっちゃいますよ。

利希君の飼い主さんはとても努力家!レッスン中アドバイスされたことをノートに書きとめ、根気よく頑張ってらっしゃいます。ちゃんと利希君と遊ぶことも忘れず、とても可愛がっているご様子♪

パピーコースを無事に卒業し、現在入門コースを受講中です。
自分が気に入らないことがあっても人を咬まないよう、色々と我慢できるようになってきた利希君ですが、まだまだ油断は禁物。入門コース卒業まであと少しです!
飼い主さんと利希君、頑張ってくださいよー。

利希君。お父さんと一緒。     子犬の頃の利希君
利希君、無事に入門コースを卒業いたしました!
いつもご夫婦で熱心にレッスンを受けていただき、そして卒業時には飼い主さんの努力と愛情の結果が出ました!

レッスン開始時は、利希君の頭や口を触ろうとすると人の手を咬んだりすることがあったのですが、現在はしっぽを引っ張ろうが(優しく引っ張っています)、頭や口を撫でようが、後ろから抱き締めようが、嬉しそうにしっぽを振って触らせてくれるようになりました!もちろんまだまだやんちゃな時期ですから課題は少々残ってはおりますが、現在の調子でこれからも楽しく利希君と過ごしていくうちに確実に絆が強くなりますよ!

利希君は飼い主さんが郵便局などで用事をしている間も、おとなしくじっと待っているそうです。そしてある日郵便局員の方が、利希君も一緒に局内に入っていいと言ってくれたそうです。民営化効果?
将来ペット同伴OKの郵便局が全国に広まることを期待しています!頑張れ郵便局!

今後もしつけで困ることがあるかもしれないので、卒業生コースを2~3ヶ月に1回のペースで受講なさりたいとのことでした。もちろん困った時はいつでも飛んでいきますよ~^^
しつけで大変なことも多かったと思いますが、飼い主さんの努力には脱帽です。
ご卒業、本当におめでとうございました!

*パピーコースを始める前の利希君の写真をいただきました。
特に左側の写真は私のお気に入りの1枚です。この1枚で日本を語れそうです^^
 
レッスン開始時: 生後3ヶ月
当時の悩み: トイレしつけ・甘噛み・吠え癖・唸る・他

パピー&入門コース卒業生 スキップ君 パピーコースと入門コースを卒業しました、ジャックラッセルのスキップ君。
左の写真、三つ指ついて「おかえりなさいませ~」という感じでかわいいですよね♪

スキップ君の飼い主さんのお悩みは『おしっこををあちこちでする・甘噛みが痛い・飼い主さんに向かって吠える・洋服の裾を引っ張る・一度くわえた物を取ろうとすると唸って咬む』等でした。
トイレトレーニングに関しましてはパピーコース開始から1週間程頑張っていただいた結果、ちゃんとトイレトレーでおしっこをするようになりました!
盲導犬の場合「ワンツーワンツー」と号令をかけるとおしっこやうんちをするようトレーニングするのですが、スキップ君の飼い主さんの号令はとってもかわいいんです。

「シーシーはおまる~♪シーシーはおまる~♪」

おしっこはおまるでしてねということですよね?飼い主さん?
犬をしつけるときには様々な号令がありますが、みなさんとてもユニークな合図でしつけていてとても勉強になります。^^
ある飼い主さんは愛犬が何かを拾ってくわえた時に「ポイポイッ!」という号令をかけるんです。するとワンちゃんは「ペッ!」とそれを捨てるんですよ。かわいらしくてレッスン中毎回笑ってしまいました。

さてスキップ君のその他の問題行動ですが、入門コースを卒業する頃にはほとんど解決いたしました!全てにおいて覚えの早いスキップ君でした。あまりにも色々覚えるので卒業式の日に「おて」を教えてみたら、わずか10秒程で(←本当に)できるようになりました。

スキップ君の覚えが早いこともありますが、飼い主さんはこちらが出した課題をきちんとこなし家族全員でしつけを統一していただいたことが成功へとつながりました。
卒業時に飼い主さんより「自分達だけでは何も分かりませんでしたが、こうやってしつけの道を作ってもらえて良かったです」ととても嬉しいお言葉をいただきました。

いつもご夫婦でなかよくレッスンを受けていただき、お二人のスキップ君へ対する愛情が大変よく伝わってきました。レッスン中「なんて仲の良いご夫婦なんだろう」と毎回思っておりましたよ。

しつけは生涯続くものですが、現在の調子でスキップ君をしつけていただけたらまず大きな問題は出ないと思います。しかし困ったことがありましたらいつでもサポートいたしますのでその時はご連絡くださいね。
パピー&入門コースご卒業おめでとうございました!
卒業後、飼い主さんより嬉しいメールをいただきました!(一部抜粋)


飼い主の勝手な思い出はありますが、ずいぶん落ち着いてきました。
すべて先生のご指導、導きのおかげと夫婦で感謝のしっぱなしです。
その後お手はマスターしました。
あとは今のことろレッスンの日々を思い返しながら(半分忘れてます・・・)繰返しを続けています。
飼い主が忙しいのでまだそれ以降の何か、を教えてはいませんが、基本的なことは本当に先生のおかげ!
本当に素直ないい子になってきています。
書きたいことも上手に伝えられないのですが、本当にありがとうございました!!!



こちらこそご連絡ありがとうございました^^ お褒めいただくと落ち着きのない小学生のように調子に乗ってしまう私ですが、とても嬉しかったです! ドッグドア藤原
 
レッスン開始時: 生後2ヶ月
当時の悩み: 甘噛み・要求吠え・首輪を嫌がる・トイレしつけ・飛びつく・他

パピーコースを卒業しましたブリタニースパニエルのアルちゃんです。右写真は卒業日に撮影したのですが、顔が芸能人の堺正章さんに似ているとのことで飼い主さんから「まちゃあき。」と呼ばれていました(笑)。アルちゃん女の子なのですが・・・^^;

アルちゃんの飼い主さんはご夫婦揃って動物好きで、アルちゃんの他にもネコ、モモンガ、フクロウを飼っていらっしゃいます。将来的にはアルちゃんを猟犬にしたいとのことです。猛禽類と犬の連係プレーによって成り立つ特殊な猟らしいのですが、家庭犬トレーナーの私には見るもの聞くこと全てが新鮮でした。


今後のアルちゃんの猟犬トレーニングについてはその道の専門家を探していただくことにしました。猟犬についてはくわしくは分かりませんが、家庭犬や介助犬などに言えることは、子犬の頃から遊びを通して様々な経験をさせてあげた方が、成犬になってからも覚えが早いなどメリットが多いということです。子犬のうちから「あれもダメ!これもダメ!」と厳しくしつけてしまうといろんなことに興味を失い、成犬になってからスポーツをさせたいと思っても充分に能力を発揮できない子が結構おります。
パピーコース卒業 アルちゃん
アルちゃん♀
通称まちゃあき(?)
しつけ本に「飼い主がリーダーになり、おもちゃで遊ぶ時は必ず飼い主が勝ちましょう。」と書いてありそれを忠実に守っている方がおりますが、それをすることで子犬は自信をなくし、物を持ってくるというトレーニングに大きく影響してしまうことがあります。遊びは全て飼い主さんが勝つのではなく、何回かは子犬にも勝たせて自信をつけさせてください。私はひっぱりっこの時などはわざと大げさに倒れて負けたフリをし、犬を褒めてあげます。こうすることで物をくわえるという行動に自信をつけさせてあげるのですが、ただ遊びを終了するときは必ず私が勝ち「はい!もう遊びはおしまい!」とおもちゃを取り上げリーダーシップを発揮しています^^ 

さてレッスン当初の飼い主さんのお悩みですが、まだまだ子犬ですから全てがうまくいっているわけではありませんが、徐々に解決していきました。飼い主さんの根っからの動物好きという性格、根気、愛情、努力の結果、アルちゃんは徐々に変化していったのです。いつも思うことは、私がいくらしつけアドバイスをしたとしても、飼い主さんが変わらなければ愛犬は変わらないということ。アルちゃんの飼い主さんは(特にご主人)ムツゴロウさんと同じような感じでを犬をかわいがり、本気でアルちゃんと遊びます。(うまく説明ができませんが、みなさんご存知のムツゴロウ褒めです♪)
その本気な姿勢がアルちゃんにもうまく伝わったようです!

私が大笑いしたのは、ある日奥様がご主人がいない!と部屋中を探すと、アルちゃんと一緒にケージの中にいたそうです(笑) アルちゃんにはとってもいい母親(?)がついているので、今後はご主人の直感でも充分にアルちゃんとの信頼関係は深まると確信いたしました^^

これからもゆかいな仲間たちと楽しく暮らしてくださいね!


レッスン最終日にフクロウショーを見せていただきました!
フクロウのオーマちゃん オーマちゃんと飼い主さん オーマちゃんと飼い主さん
オーマちゃん(♀)
この日は風が強く、オーマちゃんがちゃんと飛んでくれるか心配でしたが、さすがオーマちゃんの飼い主さん!ご夫婦で風を読みながらタイミングを合わせ「ホホ」という掛け声で、奥さまの腕から旦那さまの腕へと見事に飛んでくれました!興奮してパチパチ写真を撮っていたら、私にもこれをやれとご主人さん。「えー!無理ですよ!」と言いながらもやる気満々の私^^;。奥さまのご指導のもとで挑戦してみました。フフフ。そして私の腕にもちゃんと止まってくれました♪

フクロウは繊細で調教が難しいそうなのですが、ど素人の私の腕にも飛んできてくれたのは、日頃からオーマちゃんを上手に調教している飼い主さんの努力あってこそです(フクロウの調教に比べたら犬のしつけなんてとても簡単です)。
貴重な経験をさせていただきまして本当にありがとうございました!
こどものにわ ←飼い主さんのホームページです。飼い主さんの行動力にとても感動いたしました。みなさまにもぜひご覧いただきたいサイトです!
 
レッスン開始時: 生後4ヶ月
当時の悩み: 流血するほど咬む・唸る・いたずら・トイレしつけ・他


ジャックラッセルのミック君。
『流血するほど手を咬む・唸って足に飛びつき咬んで放さない・洋服の裾や髪の毛などをを引っ張る・家のあらゆるものをかじる・トイレでおしっこをしない・うまくコミュニケーションがとれない・他』とのことでパピーコースを受講。
子犬パワー炸裂のミック君でしたが、無事にパピーコースを卒業いたしました!
レッスンの回数を重ねるたびに、飼い主さんとミック君の絆が驚くほど強くなっていくのを感じました。

レッスン初日は「小鳥しか飼ったことがないので扱い方がよくわかりません・・・」と小声でおっしゃっていたのが何だか可愛らしくてプッと笑ってしまいました^^;(←ごめんなさいね、飼い主さん)
しかしレッスン2回目以降は「あらまぁ!」とつい言ってしまうほどミック君が変わっていくのでビックリしました。
「誰かが魔法でもかけたのかな?」とトレーナーの私が一番驚いてしまいました・・・。

「飼い主さんが変われば愛犬も変わる!」
私だけが犬をトレーニングしても飼い主さんが変わってくれなければ意味がないのです。時々「犬を預かって訓練してくれませんか?」と聞かれます。理由は仕事で忙しくて自分でしつける時間も余裕もないとのことでした。お気持ちは分かりますが、犬は機械ではないので、電気屋さんに修理にだして「はい。修理完了。もう使えますよ^^」とはいきません。ミック君の飼い主さんのように、悩みながらもご自分でしつけようとする姿勢が強い絆へとつながります。

小鳥しか飼ったことがなくても動物を愛する気持ちに変わりはありません。犬へもその愛情があれば大丈夫!ただ小鳥と違うのは、飼い主さんがリーダーシップを取った生活を心がけるということです。

ミック君の飼い主さん、これからも自信をもって生活してくださいね。ご卒業おめでとうございました!
パピーコース卒業生 ミック君
卒業後、飼い主さんより嬉しいメールをいただきました!
(いただいたメールより一部抜粋)

ミックが大変、お世話になりました!
おかげさまで、4回のトレーニングの間にミックが見違えるように、いい子になりました!
はじめて飼う犬だったので、私たちもどう接したらいいかわかない、ということもあって、しつけ本を読むだけではわからない力の加減や、褒め方など、目の前で実際にやって教えていただけたのが、本当によかったです。また、ミックのことを「賢い子ですよ~」と褒めていただいたのも、私たちにとって、自信につながりました。
はじめは本当に噛まれてばかりで、悲しく、ちょっと嫌になっちゃいそう(!)だったのに、、今ではすごーくカワイイです。
藤原さんが、こういうトレーニングをやって下さっていて、本当によかったです!!
これからも、少しずつお互い学びながら楽しく暮らしていきたいと思います。また、何かあったら相談させて下さい。


嬉しいメールをありがとうございました^^
でもミック君の激変っぷりに一番驚いていたのは私ですよ!
妹さんが「待て」の練習をコツコツ頑張っていたことも感動しました。お姉さんは妹さん思いで、妹さんはとても頑張り屋。私はひとりっ子なのですが、お姉ちゃんか妹が欲しいって思いました。
(レッスン中に余計な事を考えていてすみません^^;)これからも楽しく暮らしてくださいね。 ドッグドア藤原
 
レッスン開始時: 生後7ヶ月
当時の悩み: 散歩中引っ張る・人に飛びつく・鳥やネコを見つけるとコントロールが効かなくなる・他


入門コース卒業 くるみちゃん&マネージャーのにこちゃん^^

にこちゃん(左)  くるみちゃん(右)
  柴犬♀        MIX♀


入門コースを卒業いたしましたMIXのくるみちゃんです。
隣にいるのは先住犬のにこちゃん^^
にこちゃんは何の問題もないのですが、くるみちゃんのコントロールが効かないとのことでご依頼いただきました。

毎レッスン、くるみちゃんのトレーニングに同行してもらったマネージャー的存在のにこちゃん。お散歩トレーニングの際、少しでもにこちゃんが遅れて付いてくると、くるみちゃんは立ち止まって「トレーニングどころじゃないわい!」とにこちゃんが追いつくのを心配そうに待っていたのが印象的でした。仲がいい証拠ですね!

レッスン1回目はアイコンタクトの練習からスタート!最初はくるみちゃんのトレーニングを見ていたにこちゃんの方がやる気満々で、かわいいつぶらな瞳で私をじーっと見つめていました(笑) にこちゃんのやる気がくるみちゃんへも移ったのか、くるみちゃんはレッスン2回目から、お散歩中も飼い主さんをちらちら嬉しそうに見上げて歩くようになりました^^ 

お散歩中、ぐいぐい引っ張っていたくるみちゃんでしたが、飼い主さんの努力の結果、きちんと横を付いて歩くようになりました!鳥やネコなどの興奮物を見つけても飼い主さんの指示があれば引っ張ることも少なくなってきました。多少は引っ張ることもありますけどね^^: 

しかし以前から比べると飼い主さんご自身も随分とリーダーシップを取るのがうまくなっておりました。遊んだり褒めたりする時に恥ずかしがることなく本気で愛犬と接する飼い主さん。この「本気」がくるみちゃんにも伝わったようです^^

基本トレーニングもあっという間にマスターしてしまったくるみちゃん。この激変っぷりには私も感心いたしました!

ご卒業おめでとうございました!


先住犬にこちゃんの他にも、時々トレーニングに「私も♪」と参加してくる猫ちゃん^^ くるみちゃんにフセとマテを教えているところに「私も待てるわよ」とお手本を見せてくれました(笑)
トレーニング中、横から「ニャーニャー」あれこれと訴えてくる猫ちゃん。この子にも何度も笑わせてもらいました。
「くるみちゃん、こんなにたくさんの仲間や優しい自慢の飼い主さんがいて幸せだね(*^-^*)」


*ネコちゃんの首にあるのは傷口を舐めないようにするためのカラーなんだそうです。このタイプのカラー、はじめて見ました。最初は「浮き輪かしら?」って思いました(笑)
        *写真とコメントを掲載後、飼い主さんから嬉しいメールが届きました♪(一部抜粋)
退屈そうなにこちゃん(笑)
ホームページ拝見しましたよ!ありがとうございます!!
マネージャーのにこちゃんに爆笑です!
ニャンコの名前は「るい」なんですが、普段は「るんちゃん」と呼んでいます。浮き輪の様なカラーは長期間使うのにいいみたいです。負担がすくなくて、寝る時も枕になるし、視界も広くなるし重宝してます。これにしてから、よく動くようになったんですよぉ~!
だから、レッスンの時も参加しに来たのかも・・・。
藤原さんとのトレーニングはとっても楽しかったです。
こちらこそ、トレーニングお願いして本当によかったです!!


*写真付きの嬉しいメールをありがとうございました!
くるみちゃんのレッスンに付き合ってくれたにこちゃんの退屈そうな大あくびの写真に爆笑です^^ 
さすが飼い主さん!とてもいい写真が撮れましたね(^^)b  猫のるんちゃんにもよろしくお伝えくださいませ(笑) これからも愉快な仲間たちと楽しくお過ごしくださいね! ドッグドア藤原
 
レッスン開始時: 生後4ヶ月
当時の悩み: 愛犬の食器を触ると咬む・甘噛みが痛い・基本的なしつけ方を学びたい・他







パピー&入門コース卒業 聖君

カメラを構えると、凛々しい顔をしてくれる聖君。私が右に傾くと聖君も右へ。左に傾くと聖君も左へ・・・。
横揺れが得意な聖君です(笑)。




聖君

やっとまっすぐ撮れました^^;


パピー&入門コースを卒業しました黒柴の聖(せい)君です。
聖君が食事中に食器を触ったら咬まれてしまったとのこと。食事をさせる時に何度か咬まれ聖君に対して少し怖いという気持ちがついてしまったそうです。飼い主さんは犬を飼うのは初めてなので、基本的なしつけ方も学びたいとレッスンのご依頼がありました。

犬を飼う時に最も重要なことは、どんな時でも飼い主さんが堂々とした態度で接することです。1度咬まれると誰でも恐怖心はついてしまうと思うのですが、特に柴犬などの日本犬に対しておどおど接してしまうと強気になるワンちゃんがとても多いので気をつけましょう。

さて聖君のレッスンですが、パピーコースを受講中はかなりのやんちゃ君でしたが、飼い主さんの努力の成果が少しずつ出てきました。やんちゃのスイッチが入っても、飼い主さんの指示で落ち着くのが早くなりました。お散歩中の引っ張り癖もトレーニングを重ねる毎に減ってきて、飼い主さんをちらちら見ながら歩くようになりました。飼い主さんも随分と生活がしやすくなったとのことです。

毎回ご夫婦で熱心にレッスンを受けていただきました。その結果、レッスン当初はじっと待つことが出来なかった聖君ですが、入門コース卒業時には飼い主さんの指示で待っていられるようになりました。まだまだ課題はありますが、聖君ともっともっと遊びながら楽しくトレーニングをし、堂々とした態度で生活することを忘れなければ、今まで以上に関係は良くなっていきます。

聖君の食事中の問題もずいぶんと改善されましたが、トレーニングは絶対に無理をしないでいただきたいです。1度咬むことを覚えたワンチャンはまた咬んでしまうこともあります。犬にとって食事は大切なことだからこそ咬むのですが「誰にも食事は取られない」と学習すると改善されます。

食事中は誰も近づかないようにして愛犬が落ち着いて食事が出来る環境にするなど、妥協するほうが楽な場合もありますから、同じような悩みをお持ちの飼い主さん、あまり無理はしないでくださいね。

レッスン開始時と比べると聖君はとても穏やかになってきました。これは飼い主さんの心の変化が聖君に伝わっているからです!これからも自信をもって楽しく暮らしてしてくださいね^^

【これから子犬を飼うご予定の方へアドバイス】
愛犬が食事中に人の手を咬まないようにしつけるには、トイレトレーニング同様、子犬を飼い始めたその日(生後出来るだけ早い時期)からトレーニングを開始すると良いです。しつけ本などにも方法は書いてありますから、食事だけに限らず子犬の時期のしつけを怠らずに頑張ってくださいね。

 
レッスン開始時: 生後10ヶ月半
当時の悩み: 引っ張り癖・興奮物を見つけると急に引っ張る・飛びつく・他

入門コース卒業生 ボンド君

以前、相談コースを1度受講しました、ゴールデンレトリーバーのボンド君。
やはりきちんとトレーニングをした方がよいかもしれないとのことで入門コースのご依頼がありました。
ボンド君が急に引っ張った時に飼い主さんは手首を傷めてしまったそうです。
確かに大型犬は充分なトレーニングをしないと飼い主さんがケガをしてしまうことがあります。
そこで早速ジェントルリーダーを使用。

入門コース卒業時にはジェントルリーダーがなくても引っ張らずにお散歩はできるようになりましたが、興奮物を見つけるとまだまだ急に引っ張ってしまうことがあります。
この急な引っ張り癖についてですが、外の刺激物よりも飼い主さんの方が魅力的にならないと、愛犬はなかなかこちらの言うことを聞いてはくれません。
その魅力と更にリーダーシップが取れたら急な引っ張りは改善されます。

もちろんボンド君の飼い主さんはとても愛情いっぱいでボンド君を育てております。
ボンド君も飼い主さんが大好き♪
ただ欲を言えば、あともう少しボンド君の遊びについていけるようになれたら、今まで以上にいい関係が取れて急な引っ張りもなくなってきますから、これからもトレーニングを楽しみながら続けてくださいね。
トレーニングのご依頼はお母様から頂いたのですが、お二人の娘さんも何度かレッスンにご参加いただきました。
お二人が経営しているフレンチブルドッグ専門店のHPです。
とってもかわいい犬グッズがありますよ♪
 
卒業生の飼い主様から嬉しいお便りが届きました♪

今から約1年半前にパピーコースと入門コースを卒業しました、MIXのルーク君です!
レッスン中の様子はこちら→
Dog of the day③

子犬の頃は結構やんちゃで、飼い主さんも随分と悩まれた時期があったのですが、現在は穏やかに暮らしていますとの嬉しいメールが届きました!
いただいたメールから一部抜粋させていただきます^^


さて、我が家のルークですがお陰様で、あの小さな悪魔のようだった子犬時代が想像できないくらい穏やかに暮らしています。
お散歩の後に足を拭いてあげる時、”あの”仰向けポーズにさせて拭いているのですが、毎回、本当に毎回「あぁ・・・あのトレーニングの時は辛かったな・・・」と思い出し懐かしんでいます。今では、拭き終わっても私がだまっているとそのまま仰向けで転がっています♪
子犬時代に、適切なトレーニングを受けさせていただいたお陰で、トリミングに出しても、ドッグカフェに行っても「おりこうですね~」と言われます。
早いもので、ルークももうすぐ2歳になりますが、油断するとコントロールが効きづらくなることが時々あるので、
あの頃のトレーニングの感じを忘れないようにこれからも、ルークと楽しくやっていきたいと思います。
では、突然の勝手な近況報告、失礼いたしました。

『突然の勝手な近況報告』 大、大、大歓迎ですよ(笑)
こちらこそ嬉しいメールをいただきましてありがとうございました! 「あの小さな悪魔・・・」の文章、笑えました^^
あの頃、飼い主さんが熱心にトレーニングを受けていらした事をよく覚えております。本当に必死でしたよね(笑)
今だから笑えるのですが ^^;
現在は落ち着いてきたようで本当に良かったです♪
おっしゃるとおり、油断すると犬らしさがパワーアップすることがあります^^; でもルーク君の飼い主さんはもうすでにトレーニング法が身についていらっしゃいますから、私は安心して見守っていられます^^  
これからもルーク君と楽しく暮らしてくださいね!
今後も突然のメール、大歓迎ですよ~。ドッグドア藤原




ルーク君は、トイプードル&キャバリアのMIX犬なのですが、トイプーでもない、キャバリアでもない、何とも言えないこの個性的な表情が可愛くて仕方がありません♪




 
卒業生の飼い主様から嬉しいお便りが届きました♪

パピーコース卒業 こうちゃん

幸せそうに寝ていますね^^


こうちゃん

この写真はプロのカメラマンさんが撮ってくれたそうです!


生後4ヶ月のときにパピーコースを受講しましたパグのこうちゃんです! 「我が家の女王様もこんなに大きくなりました(笑)」と、こうちゃんの写真付きのメールをいただきました^^

レッスン中は問題点がいくつかあったのですが、こうちゃんの飼い主さんはとても努力家で、こうちゃんもあっと言う間に様々なことをマスターしていきました。

現在は少しずつ問題も改善しお散歩も順調で、小さいうちにトレーニングを受けて良かったですとのお言葉もいただきました! 

私も、こうちゃんとトレーニングが出来たことをとても嬉しく思っております。素敵な出会いに感謝です☆

さてさてお話しは少し変わりますが、レッスン当初に奥様からお聞きした、こうちゃんとの出会いのエピソードを今でも覚えております^^

ペットショップでこの子を見てご主人がとても気に入ったそうなのですが、様々な理由から飼うことを断念。しかしそれから3日間もこの子のことが気になって仕方がなかったご様子。「あの子の名前はモモ♪」と勝手に名前を付けてしまうほどの溺愛ぶりだったそうです(笑) 

奥様もそんなご主人を見ていて切なくなったか、一時期は「モモ」と名付けられたこうちゃんはこうして家族の一員になったそうです。

飼い主さんの膝でこの安心しきった寝相(笑)
こうちゃんはとても幸せなんだなと伝わってきました^^
これからも元気にお過ごしくださいね!

本当に嬉しいお便りをありがとうございました♪

 
レッスン開始時: ベック君(1歳4ヶ月)  タバサちゃん(生後4ヶ月)
当時の悩み: ベック君(飛びつき・チャイム吠え) タバサちゃん(子犬のしつけ方・チャイム吠え)


相談コース受講生 ベック君&タバサちゃん

 ベック君(左) タバサちゃん(右)





妖精ベックと
魔女っ仔タバサ
飼い主さんの優しさと愛情が伝わってくる素敵なブログです♪

チワワのベック君とタバサちゃんです。
ベック君は、今から約1年半ほど前に相談コースを1度受講したことのある先輩犬!今回は、タバサちゃんが新しい家族の一員となったので、子犬の時期にやらなければならないことを学びたいと、再度相談コースのご依頼をいただきました^^

飼い主さんは以前ゴールデンレトリーバーを飼っていらしたとのこと。超小型犬を飼うのは初めてなので、どう扱っていいものやら・・・と以前は戸惑ったこともあったそうですが、今では立派な2匹のママです!

ベック君は前回の相談コースで吠え癖も何とかしたいとのことでしたが、あれから1年経った現在、吠え癖が復活しておりました・・・。タバサちゃんも真似をして一緒になってチャイムや人の出入りで吠えておりました。

犬にとっては怪しいものが近づくと吠えるのは当然のことなのですが、人間社会のルールではご近所迷惑になってしまうので、何とか吠え癖を止めさせたいところです。
愛犬の吠え癖は、飼い主さんがリーダーシップをとることで結構止むものです。でも諦めてしまえばそこで終わってしまいます。
今回のレッスンで、もう一度飼い主さんにリーダーシップをとっていただき「絶対に吠え癖を止めさせる!」という強い信念を持ってトレーニングを頑張っていただきました!

レッスン後、飼い主さんより嬉しいメールをいただきました!(一部抜粋)

あれからインターフォンでの騒ぎは大分解消されました。ベックは、このところ人の出入りもインターフォンも鳴く事がほぼなくなりました。タバサは、ベックが鳴かなくなった分時々鳴きますが、あの方法で鳴きやみます。また、タバサの服従訓練も継続して頑張っています。おかげで、部屋の中に自由にさせていても以前よりは落ち着いて過ごせる様になりました。また、困った時は、ご指導よろしくお願い致します。

ドッグドアよりアドバイス^^
吠え癖は、飼い主さんが本気で止めさたいという気持ちを持たないとなかなか直りません。でも本気の気持ちが愛犬に伝わったときに吠え止むものですから、今後も今の調子で頑張ってくださいね!タバサちゃんがまだ時々吠えるようですので、気を抜かずに諦めないで頑張ってください。
困ったときはいつでも飛んでいきますよU^T^U/~~~
 
レッスン開始時: サランちゃん4才  ミッタ君2才
当時の悩み: 来客、物音、散歩中に他の犬や人とすれ違うときに吠える・引っ張り癖・他


ミニチュアシュナウザーのサランちゃんとミッタ君。
サランは韓国語で「愛」、ミッタは「信」という意味なんだそうです。
とても素敵な名前ですよね~(*^-^*)

さてさて、2匹ともそれぞれ飼い主さんを悩ませる問題がありましたが、相談コースのレッスンを3回受講後、随分と変化がみられました!初めて伺った日は玄関先で「ワンワン吠えまくり攻撃」をくらいました^^;普段から飼い主さんが玄関先で誰かとお話しをしてるとその間吠えまくり、叱っても吠え止まなかったそうです。しかし1回目のレッスン終了後には飼い主さんの「ノー!」というひと声だけで吠えなくなりました^^

そして2回目のレッスン。
玄関先には前回とは違うサランちゃんとミッタ君がおりました!玄関先でお話をしてても1、2回は吠えましたが飼い主さんの指示で吠え止み、こちらの様子を黙って見ている2匹へと変化していたのです!
と、ここで喜んでいる場合ではありません。お散歩中にも困った行動をしてしまう2匹。サランちゃんは以前、興奮しすぎて自分の舌を噛み流血してしまったことがあるそうです。

家の中では穏やかだけど、外に出るとパニックになる愛犬をしつけるコツは、飼い主さんが堂々とした態度でしつけることです。そうすると「お!うちのパパやママって何てたくましいんだろう♪」と安心してお散歩ができるようになっていきます。さてサランちゃんとミッタ君のお散歩中の問題行動はレッスン3回目には随分と減りました。そして嬉しいことに、ミッタ君は犬グッズを扱うお店、Dog Dept(ドッグデプト)主催の「飼い主の横をついて歩く競技」で優勝したそうです!!!飼い主さんが変わらなければ愛犬は変わりません。飼い主さんの前向きなしつけの取り組み方には脱帽です!

さてサランちゃんですが、まだまだ犬や人とすれ違うときに時々吠えることがありますが、飼い主さんは「以前よりずっと楽です。これからもリーダーシップを取りながら頑張ってみます!」と気合が入っておりました(笑)
レッスン、本当にお疲れ様でした!
また困ったことがありましたらいつでもご連絡くださいね。

相談コース修了 ミッタ君&サランちゃん

ミッタ君&サランちゃん

サランちゃんとミッタ君の飼い主さんのブログです。→
おしゃれな生活で、読んでいるととても楽しい気持ちになれます^^
saran&mitta
 
レッスン開始時: 生後9ヶ月
当時の悩み: お散歩中引っ張る・待てない・基本的なしつけ方を学びたい・他


入門コース卒業 ハンナちゃん

アイコンタクトが得意だワン!


ハンナちゃん

いつまでも待ってるワン!


入門コースを卒業しました、ボーダーコリーのハンナちゃんです。
アイコンタクトが上手で、ハンナちゃんの集中力のすごさには驚きっぱなしでした。

引っ張り癖に関しては、最初はハルティー(引っ張り防止用のしつけ道具)を使用しましたが、レッスン最終日にはハルティーなしでも引っ張らなくなりました。刺激物を見つけると時々「グイッ」と引っ張りますが、飼い主さんおひとりで対処できるようになってきました。あとはトレーニングを持続しそれがハンナちゃんに定着すると急な引っ張りはなくなります。飼い主さんは「最初は家の玄関を出た瞬間から引っ張られていましたが、現在はそれがなくなり楽になりました。あとは急な引っ張りにきちんと対処できるよう頑張ります!」とおっしゃていました^^

基本トレーニングの他にも、ボール遊び、ジャンプ、フリスビーなどのコツもあっという間に掴んでしまうハンナちゃん。レッスン5回目くらいから教えることがなくなってしまうほどでした^^;

覚えの早さにはそれぞれ個体差がありますが、色々とトレーニングを始めるとどんなワンちゃんでも飼い主さんの指示に従うようになります。
ハンナちゃんだってはじめは「マテ~!!!!!」なんて大声で言っても、あっちへバタバタ、こっちへバタバタと落ち着かずにおてんばっぷりを発揮しておりましたが、飼い主さんの努力の結果、現在は写真のように、大好きなおもちゃを目の前に投げても、マテの指示が出ると飼い主さんを見ながらちゃんと待てるようになりました♪

現在は大声で「マテ!!!!!」なんて言わなくても、小声の指示でもちゃんと待っています^^
みなさんもお心当たりがあるかと思いますが、熱心になればなるほど声のトーンが強くなり、指示を出すことに全体力を消耗してしまう方がおります(笑)。熱心なのはいいことですが、大声なんか出さなくても犬にはちゃんと聞こえています。始めは少々大きな声ではっきりと指示を出して言葉を教えてあげるといいのですが、徐々に小声にしていくことで愛犬は「ん?何て言っているんだろう?」と飼い主さんに注意を向けてきます。このトレーニングはコツがいりますが、みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね。

チャーリー君&ピーター君 先住犬のトイプードルのチャーリー君とボーダーコリーのピーター君。1年ほど前にDogdoorを卒業した先輩犬たちです!
ハンナちゃんとピーター君は体格が似ていて、飼い主さんでもどっちだか分からなくなることがあったそうです(笑)

先住犬達のトレーニングの様子はこちら→Dog of the day③
 
Dog of the day ④ へ →
 



© Dog Door