Dog Doorは、ドッグトレーナーによる犬のしつけアドバイスや、ペットとのハッピーな暮らしをテーマにしたサイトです。              HOME | はじめまして | サイトマップ
"Knock Knock"
   Hi my friends ! Welcome to Dog Door!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
スポンサーリンク  
 
犬を飼う前に・・・
もくじ 
 
【最期まで本当に飼えるかを考えてみましょう】
①犬の寿命 
②飼い主になる方の年齢や健康状態など
③飼いたい犬の性質や、成犬になった時の大きさを知る
④飼い犬にかかる費用
【犬をどこで入手するか】 
①ブリーダー
②ペットショップ
③犬の保護団体(里親募集)
【最期まで本当に飼えるかを考えてみましょう】
 
 ①犬の寿命
  昔と比べると、人間と同様に犬の寿命も延びており、ギネス世界記録を持つ最高齢犬は、なんと29年5ヶ月生きたそうです!環境などによって寿命は多少延びるのかもしれませんが、通常は小型犬で平均12~13年前後、大型犬で10年前後、超大型犬は10年生きるのは難しいと言われています。


この寿命が長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれですが、人間同様、若いうちに病気になったり、不慮の事故で障害を持ってしまうこともあります。愛犬の最期のときが来るまで、愛情を持ってお世話できるかどうか、よく考えてから犬を飼いましょう。


 ②飼い主になる方の年齢や健康状態など 
  人は健康を保つために運動をすることが大切ですよね。同様に犬も運動が必要です。犬は運動量が足りないと、ストレスから様々な病気になったり、深刻な問題行動を引き起こすことさえあります。


飼い主になる方が高齢すぎたり、健康状態が不安定な方が飼ってしまい、犬の体力に追い付けず「手に負えない・・・」と、保健所へ犬の処分を依頼する方が多いのが現状です。処分と言うのはもちろん殺処分。「手に負えないので、犬を殺して下さい」と言っているようなものです。


ご自分の年齢や健康状態のことも考えてから、犬を飼うことをおすすめいたします。


 
 ③飼いたい犬の性質や、成犬になったときの大きさを知る
  保健所へ犬の処分を依頼する理由に、「子犬の時は気付かなかったけど、こんなに大きくなるとは思わなかった。力が強くて手に負えなくなった・・・」というのがあります。訓練士を呼ぶなどして、愛犬の最期の時が来るまで飼ってくださる方ならいいのですが、殺処分される犬が多いのが現状。


ご自分が飼いたい犬の性質や、成犬になったときの大きさ等、犬を飼う前に調べておくことをおすすめいたします。


柴犬などの日本犬は、きちんとしつけをしないと、後に深刻な問題行動を起こす犬が多く、海外のドッグトレーナーさんは、日本犬のトレーニングは難しいという方が結構いらっしゃいます。


実際に私も、日本犬は洋犬よりも早めにしつけをしないと、後で大変なことになることがとても多いと感じています。(子犬の頃からきちんとしつけると、賢くて優しい犬になります。特に柴犬は私は大好きです^^)


 
 ④飼い犬にかかる費用
  飼い主が保健所へ犬の処分を依頼する理由のひとつに、「飼い犬にかかる費用が高すぎて、飼えなくなった」というのがあります。子犬のうちから病気をすることもありますし、老犬になると介護が必要になり、動物病院のお世話になることも増えるかもしれません。


お住まいの市区町村や、動物病院等によって費用が異なりますので、詳しい金額は記載しておりませんが、どんなことに費用がかかるのかをまとめてみましたので、よろしかったらご参考ください。



【飼い犬の登録】*法律により義務付けられております。
犬を飼ったら、初めにお住まいの市区町村へ飼い犬の登録をしなければいけません。登録料は大体3000円程ですが、地域によって異なるようですので、詳しくはお住まいの市区町村へお問い合わせください。



【狂犬病予防接種(毎年1回)】*法律により義務付けられております。
狂犬病予防接種代は大体3000円前後です。こちらも地域によって金額が異なりますので、お住まいの市区町村へお問い合わせください。


(補足)愛犬の体調が悪い、持病がある、または高齢により、獣医さんが狂犬病予防注射を打たないほうが良いと判断した場合は、予防接種の義務は免除されます。詳しくはかかりつけの動物病院にご相談下さい。


厚生労働省のホームページには、狂犬病の恐ろしさや、海外の狂犬病発生状況なども記載されており、「日本は守られているんだな・・・」と感じました。ぜひ一度ご覧ください →厚生労働省HP



【食餌代】
あたりまえですが、人も動物も食べないと死んでしまいます。犬は人間に管理されている以上、狩りをして空腹を満たすこともできません。飼い犬の命は、飼い主の手にゆだねられております。


人間が生きるために「栄養素」を必要とするのと同じで、犬も栄養が必要です。「激安!」と言う文字に飛びついて、安いドッグフードを買う方も多いと思いますが、安すぎるのには必ず理由があります。


「病死して人間が食するのに適さない豚や牛の肉などを使っている」「小麦粉がメインで作られていて栄養素が殆ど入っていない」「保存料がたくさん入っている」等、他にも激安理由はたくさんあるようです。


市販のドッグフードが体質に合わず、皮膚病にかかっているワンちゃんはたくさんおりますが、「フードを変えたら皮膚病が治った!」「体調が良くなった!」というワンちゃんもたくさんおりますので、犬の食餌にもぜひ気を使ってあげてください。(食餌に気を使ってあげると健康を維持できて、結果的に医療費を抑えられるというメリットもありますよ^^)


小型犬と大型犬とでは、食餌代も倍以上違いますので、ご自分が飼いたい犬が月にどれくらいの食餌代がかかるのか、犬を飼う前に計算しておくことをおすすめいたします。



【動物病院代】
犬を飼い始めたら、まずは動物病院で健康診断(ワクチン接種も)をしてもらうことをおすすめいたします。犬の購入先によっては、すでに子犬が様々な病気に感染している場合があり、数日で子犬が死に至ることもあるからです。


犬の伝染病は発症するまでに潜伏期間があり、購入直後は異変に気付かない場合が大変多いです。よって、購入先ですでに感染していたにもかかわらず、
「うちにいる時は元気だった。あなたが飼い始めてから病気になった」等、責任を飼い主側に転嫁する店もあります。


伝染病予防のワクチン接種、検便、尿検査等、動物病院代はかかりますが、犬の健康を守るためにも、飼い始めたら動物病院できちんと検査を受けましょう。


(補足)人間の子供もそうですが、ワクチンが体質に合わない犬もおります。ワクチン接種が原因でてんかんを引き起こすようになったり、死亡したという例もあります。しかし、伝染病にかかってからでは遅い・・・というのも現状。人も犬も、親や飼い主が予防接種を受けさせるかどうかを判断するしかありません。ワクチン接種について、リスクも含めきちんと説明してくださる動物病院を選ぶとよいかと思います。


ホリスティックケアでは、手作り食やサプリメント等で犬の免疫力を高め、ワクチン接種をしなくても、病気に感染しにくい体づくりをすることが可能ですが、免疫力の少ない子犬のうちは、ワクチン接種をしたほうがよいかと思います。


というのも、日本では犬の管理がずさんな
悪徳ブリーダーやペットショップ等がまだまだ多く、そこですでに感染している子犬から、他の健康な子犬に感染する可能性がとても高いからです。また成犬の場合は、感染していたとしても症状がほとんど出ないこともあり、それを知らずに成犬に近づけて子犬に感染したというケースもあります。


「それなら、子犬を外に出さなければいいのでは?」と思われる方もいると思いますが、子犬を室内でばかり過ごさせると、子犬の時期に必要な社会化を学べず、後に社会化不足から深刻な問題行動を引き起こすことが大変多いので、隔離はおすすめできません。
(犬の社会化については、犬のしつけアドバイスをご覧ください)



【ペットの保険】
愛犬が病気になると、かかってくるのが医療費です。「うちの子は病気なんてしない!」と思っていても、交通事故で緊急手術!なんてこともあり、その費用は保険に入っていないとかなりの額になります。


現在様々なペットの保険があり、医療費だけではなく、愛犬が
他の犬や人を咬んでしまった際も保証してくれるところもあります。お友達で犬を飼われている方にどの保険が良いのか聞くなどして、前もって調べておくとよいかと思います。


犬が楽しく過ごすはずのドッグランで、犬同士のケンカにより、相手の犬に深い傷を負わせたり、またその犬が死んでしまったというケースもありますので、保険会社がどこまで保証してくれるのか、よく調べておくとよいですよ。





【その他】
上記の他に、ペットシーツやクレート、ケージ等の犬のグッズ代、犬種によってはトリミング代、ご自分でしつけられない方は犬のトレーニング代など、猫と違って犬を飼うとなるとかなりの費用がかかります。

【犬をどこで入手するか】
 
 ①ブリーダー
多くの犬の専門家がアドバイスしており、実際に私も感じたことなのですが、犬を入手するときはペットショップよりも、ブリーディングの経験も知識も豊富な良心的なブリーダーさんから直接購入するのが一番良いと思います。


犬の購入先で一番はじめに思いつくのはペットショップという方が多いと思います。最近は、犬の行動学も勉強し、子犬をしっかりと管理しているペットショップも増えてはきましたが、まだまだペットショップは、飼い主さんの購入後のことを無視して売ることだけに専念し、「小さいほうがかわいくて高く売れるから」と、犬の行動学などお構いなしに、生後1ヶ月ちょっとの子犬を販売しているところが多いです。確かに小さくてかわいいとは思いますが、購入後の飼い主さんと犬の一生を考えると、
生後2ヶ月未満の子犬を購入するのはおすすめできません。


ペットショップの店頭に並んでいる子犬が生後2ヶ月だったとしても、ペットショップが管理している子犬センター(子犬を売る前に病気がないかなど管理するところ)などでは、早々と母犬から離して管理しているところもあり、実際のところ子犬は母犬や兄弟犬からは何も学んでいません。


獣医師で犬の行動学者でもあるイアンダンバー博士は、
生後2ヶ月まで母犬や兄弟犬と過ごした子犬のほうが、しつけやトレーニンもスムーズに行き、例え問題行動を起こしたとしても改善しやすい犬が多いとおっしゃっています。(どんなに優れたブリーダーから購入した犬でも、しつけを怠ると後で大変なことになりますので、子犬の頃からのしつけはきちんとしてくださいね。)


生後3ヶ月まで母犬や兄弟犬と過ごしたほうが良い」という専門家の意見もありますが、共通して言えるのは、「早くから母・兄弟犬と離された子犬は、しつけが困難!」と言うことです。


実際に出張トレーニングをしながら、
生後2ヶ月の子犬をしつけて大変だと感じたことはありませんでしたが、犬種によっては、兄弟犬同士で生後3ヶ月くらいまで噛み加減(どの程度の力で噛むと、相手が嫌がったりケガをするのかなど)を学習させたほうが、人間が教えずに済むので楽なこともあります。様々な専門家の意見があり混乱されるかもしれませんが、私が犬の行動学のセミナーに参加したり、出張トレーニングをしながら感じたことは、
①知識も経験も豊富な良心的なブリーダーの元で、
②生後2ヶ月まで隔離されることなく、穏やかな性格の母犬や兄弟犬と過ごし、
③人間にも慣れていて、
④様々な生活音(掃除機やテレビ、ラジオ、人の声など)を聞きながら育った子犬
の方が、後々のしつけやトレーニングが比較的楽だということです。よろしかったらご参考くださいね。


良心的なブリーダーさんでしたら、購入前から施設の見学をさせてくれたり、子犬と触れ合う機会を作ってくださいますので、そこで母犬の性格や子犬の気質なども確認して、どの子犬を家族として迎え入れるかご判断なさるとよいかと思います。


「しつけなんて、あとで問題が起きてから解決したらいいんじゃない?」と簡単に考えている方もいるかもしれませんが、成犬の問題行動改善は、時間もお金もかかり大変困難なことが多いですし、問題行動を起こしてからでは遅いケースもあります。ご近所の子供を咬んで深い傷を負わせたり、他の犬を咬み殺してしまい裁判沙汰になってしまった方もいるようです。


(補足)母犬や兄弟犬から離れる時期は、犬の一生を左右すると言われているほど重要なことです。子犬を人間の生活にも慣れされるためには、離れる時期があまり遅すぎてもいけません。「生後1ヶ月も、2ヶ月も、3ヶ月もあまり変わらないのでは?」と思う方もいると思いますが、
人間にとっての1日は犬の1週間に相当すると言われており、日々のしつけを怠るとあっという間に性格ができあがってしまいます。詳しくは「犬のしつけアドバイス」をご覧ください。


 
 ②ペットショップ
  犬の購入先は、良心的なブリーダーから購入するのが一番良いと思いますが、ペットショップで「運命の子犬」に出会ってしまう場合もあると思います。


ドッグドアの出張トレーニングの際に、初日のカウンセリングで必ず購入先をお聞きしていたのですが、ほとんどの方が
「ペットショップでこの子と目が合い、運命の出会いを感じてこの子に決めました~!」と微笑ましいお話しをしてくださいました。それと同時に、飼い主さんとペットショップ側でのトラブルがあったことも数多くお聞きしました。


寄生虫がいる子犬や、すでに伝染病にかかっている子犬を売られ、後々ペットショップ側と問題になっているケースが結構あります。上記の「動物病院代」のところでも触れていますが、犬の伝染病には潜伏期間がありますので、ペットショップでは元気だったのに、飼い主さんが購入後に症状があらわれることがあり、無責任なペットショップは全てを飼い主さんの責任だと主張してきます。(もしこのようなトラブルが起きましたら、かかりつけの動物病院にご相談してみてください。良心的な獣医さんでしたら、潜伏期間などを計算して、本当にペットショップ側に責任がないのか等、アドバイスしてくださると思います。)


伝染病にかかった子犬は、他の犬に感染しないよう、動物病院で隔離して治療されます。子犬が死に至る恐ろしい伝染病もあり、当然治療が優先になるので、ここで「犬の行動学」なんて言っていられません。隔離された部屋では、治療時や休憩時間に獣医さんやスタッフの方が相手してあげる程度。人間の生活音を聞いたり、外の景色を見たり、他の犬と接することもできません。この間に犬の社会化期はどんどん過ぎてしまい、医療費だけでなく後々のしつけで悩んだり、最悪の場合子犬が死んでしまうこともあり、飼い主さんの精神的な負担も大きくなってしまいます。


ペットショップからの購入は、このような問題が起こる可能性もありますが、どうしてもペットショップで購入したい方は、下記のアドバイスをご参考くださいね。


①犬の知識が豊富で、犬の行動学もきちんと勉強している店員さんがいる。(ペットショップの中には、感染症を恐れて「子犬を他の犬や人に一切接触させずに、1~2週間隔離して飼って下さい」とアドバイスするところがあります。そして、そのアドバイス通り隔離されて過ごしたその後の子犬の様子ですが、1~2週間という重要な社会化期を隔離されて過ごしたために、社会化不足で困った行動を起こし、飼い主さんを悩ませているワンちゃんがたくさんおりました。伝染病に気をつけながらも、社会化学習させる方法はありますので、決して子犬を隔離して育てないでくださいね。詳しくは「犬のしつけアドバイス」をご覧ください)


②飼い主さんがどんな犬種を飼いたいか聞いてくださり、その犬種の性質や成犬になった時の大きさ、運動量、また犬種別にある遺伝性疾患などについて説明してくれる。


③子犬の母犬がどのような性格か、また子犬がどのような環境で育てられてきたのかなど教えてくれる。


④購入後しばらくして、寄生虫や伝染病、また遺伝性疾患等が発症した際に、ペットショップ側はどのように対応してくれるのか説明があり、それについての契約書も交わす。


⑤子犬が過ごしているスペースが常に清潔に保たれている。
(子犬がしたおしっこや糞をいつまでも放置しているペットショップは避けてくださいね。子犬の時期に自分のおしっこや糞を踏んづけながら過ごした犬は、後々のトイレトレーニングがとても大変です!)


⑥店員の管理の元、子犬を触らせてくれる。
(最近はペット同伴OKのペットショップが増えて嬉しい半面、外から入ってきた犬から病原菌をもらい、ペットショップの子犬に感染してしまう可能性もあります。ですので、店員の管理もなく、誰もが常に触れるような環境に置かれている子犬は、購入しないほうが無難です。一見、色んな人に慣れて人懐っこく、いいような気がすると思いますが、後々感染症などに悩まされる可能性があります。)


⑦子犬の血統書がいつ頃送られてくるのかなど、血統書についてもきちんと説明してくれる。
(生年月日を偽って、子犬を販売する悪徳ペットショップもありますのでご注意ください。)


 
 ③犬の保護団体(里親募集しているところ)
  犬の殺処分数「ゼロ」を目指して、頑張っている自治体も増えてはきましたが、まだまだ保健所では多くの犬が殺処分されております。(保健所が悪いのではなく、勝手な都合で犬を手放す飼い主が一番悪いのです。)


殺処分寸前のところを、たくさんの動物保護団体の方が手を差し伸べ、尊い命を救い出してくださったおかげで、殺処分数も年々減ってはきました。しかし、保護団体の方はほとんどボランティアで活動なさっていて、なかなか里親が見つからず、心身ともに疲れ果てている方もたくさんいるようです。


ドッグドアのお客様で、保護犬を引き取り、きちんとしつけもしたいと、出張トレーニングのご依頼をいただいた方が何名かいらっしゃいました。本当に素晴らしいと思いました。中には、人を咬んでしまう難しい犬を引き取った方もいらして、こんなに苦労してまで保護犬を引き取る優しい飼い主さんから、私自身たくさんのことを学びました。


しかし初めて犬を飼う方には、人に慣れていない犬や深刻な問題を抱えている犬を引き取ることはおすすめできません。たくさんの犬が救われてくれればと思うのですが、保護されるまでの犬の育った環境が悪ければ、引き取った後のしつけが大変困難なことが多く、またご近所の子供を咬み裁判沙汰になり、せっかく保護されたのに、最終的に殺処分になったりと、悲しい終わり方をしてしまうこともあるからです。


初めて犬を飼う方でも、子犬や人・他の犬に慣れている成犬は比較的飼いやすいとは思うのですが、保護した時点で、フィラリアや伝染病にかかっていたりして、短命だったり医療費がかかってしまうこともあります。良心的な保護団体でしたら、里親募集の前に、動物病院できちんと検査をしてもらい、寄生虫の駆除や伝染病治療も済ませていると思いますので、詳しくは保護団体へお問い合わせください。


また保護団体から犬を入手する際に、スタッフの方からいろいろと質問され、複雑な思いをなさることもあると思います。例えば、

①新婚さんお断り
(赤ちゃんができて、犬を構えなくなったり処分してしまう方がいるから)、
②ご高齢の方お断り
(犬の寿命を考慮して)、
③子供がいる方お断り(子供が犬をいじめる場合があるから)
④賃貸住宅の方お断り(犬のことでご近所とトラブルになり、犬を処分する方がいるから)
このように、里親の基準を厳しく設定している保護団体もあり、里親になりたいと優しい気持ちで保護施設に行ったのに、厳しいことを言われてショックを受ける方もおります。その方ご自身は、最期まで犬を飼う責任感のある方であったとしても、保護団体はその方の全てをご存知ないので、これ以上保護犬にかわいそうな思いをさせないよう、里親の基準を厳しく設定なさっています。いろいろ言われてしまうこともあると思いますが、その辺はご理解くださいね。


それから保護犬にかかる費用ですが、犬は無料ですが、里親が見つかるまでにかかった医療費を、新しい飼い主さんに請求する保護団体がほとんどだと思います。「え~!」と思われる方もいると思いますが、保護団体の方はほとんどボランティアで活動され、医療費を寄付金で補っている場合もありますが、自己負担なさっているボランティアさんもおります。ですので、医療費を支払うのは当然かなと思います。(時々、悪徳保護団体が多額の医療費を請求してくるなんてお話も聞きますので、ご注意くださいね。)


保護犬を飼ってくださる飼い主さんには、本当に頭が下がる思いです。しかし、上記のようなリスクもありますので、よく考えてから里親さんになってくださいね。


余談ですが、保護犬は雑種も多く、個性的な顔で表情も豊かで飼うととてもかわいいです。ちなみに私は、子供の頃から捨て犬や捨て猫ばかり保護して飼っていました。(親は迷惑?)
I Love 雑種です♪







© 2005 - 2017 Dog Door