Dog Doorは、ドッグトレーナーによる犬のしつけアドバイスや、ペットとのハッピーな暮らしをテーマにしたサイトです。                  | HOME | サイトマップ |


"Knock Knock"
   Hi my friends ! Welcome to Dog Door!


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク  
 
犬のしつけアドバイス
トイレトレーニング    
子犬が家族の一員になったその日から、まず初めに気をつけていただきたいのがトイレトレーニングです。

子犬は初めて来た家で初めておしっこをした場所の印象が強いため、一度フローリング等で失敗してしまうと、その後もペットシーツとは別のところでおしっこをしてしまうケースが大変多いです。また、犬は足の裏の感覚等でトイレを覚える為、ペットシーツを踏んだ経験のない子犬は、自分が落ち着ける場所やおしっこが吸収しやすいフロアマットなどに失敗してしまうこともあります。


 
 
ドッグドアの出張訓練の際、トイレの失敗にお悩みのお客様から「犬って自分で勝手にペットシーツに行くんじゃないんですか?」とご質問いただいたことがありましたが、トイレを教わっていない子犬にとっては、「ペットシーツ=おもちゃ」と認識することが多く、引きちぎってみたり、ブンブン振り回して遊び始める子がほとんどです。

「ペットシーツがトイレ」というのは、人間が勝手に決めた「犬のトイレ」です。ですので、例えトイレを失敗しても決して叱らずに、根気よくトイレトレーニングを続けてください。失敗を叱るのは逆効果です。子犬は糞便をする行為を叱られていると勘違いして、今度はコソコソ、ビクビクしながら失敗を繰り返します。子犬からすると、「おしっこやうんちをしたら、パパやママに叱られる。でももう我慢できない。どうしよう・・・。」と毎日悲しい気持ちになっていると思います。

子犬の販売元でペットシーツにトイレをする習慣がついていればいいのですが、ブリーダーさんによっては新聞紙の上でトイレをさせている場合もあり、そうなると、子犬は足の裏の感覚が新聞紙以外のものですと、混乱してあちこちに失敗することがあります。子犬の販売元に、どのような場所でトイレをしていたか聞いておくと、後々のトレーニングがスムーズに行くかと思います。

子犬を迎え入れた当日、多くの飼い主さんは「おうちを探検しておいで♪」と子犬をフリーの状態になさると思いますが、これは「どこでもトイレだよ~♪」と言っているようなものですのでご注意くださいね(笑)

子犬が我が家に到着しましたら、「第1回目」のおしっこをペットシーツの上でさせるよう心がけてください。(犬は自分の寝床や食餌をする場所では糞便をしない習性がありますので、トイレの場所は寝床から離した場所にしてくださいね。)

第1回目のおしっこが成功しても、これで終わりではありません。決して油断せず、子犬が他の場所でおしっこ等しないように、しばらくは飼い主さんもトイレの近くで子犬と遊び、子犬がおしっこをしそうになったら、すぐにペットシーツの上に運んでください。

子犬が家に来てから最初の1週間が勝負です!トイレトレーニングのコツは「できるだけ失敗する環境を作らない!」です。ほんのちょっと目を離した隙に失敗しますので、5秒でも目を離すのであれば、ペットシーツを多めに敷き詰めたケージの中へいれるなどして、ペットシーツの上でおしっこをする環境を作ってから子犬から離れてください。

そして、ペットシーツに糞便をしていたら、シーツはすぐに取りかえてあげてください。犬はもともとキレイ好きですので、トイレが汚れているとその場所を嫌がり、別のところで糞便をしてしまうので、汚れたペットシーツを放置するのはトイレの失敗の元となります。

ペットシーツの上でちゃんとできたら、ご褒美のおやつもお忘れなく♪おやつをあげるタイミングですが、トイレの後、何秒か経ってしまうと、何に対しておやつをもらっているか理解できませんので、おしっこが終わったと同時におやつをあげてください。

子犬が「ここでおしっこやうんちをすると、おいしいものがもらえる♪」と気付いたら、トイレトレーニングは成功したようなものです。しかし、油断は禁物!失敗しなくなっても、おやつはできるだけあげるようにしてください。一度覚えたからといって、失敗しないわけではありません。人間の子供は成長とともに、ご褒美がなくても自らトイレに行ってくれますが、犬は「人間が勝手に決めたトイレ」で頑張って糞便をしてくれていますので、その感謝の気持ちを忘れないでくださいね。


【子犬購入時の注意点】


時々ペットショップ等のショーケースの中の子犬が糞をしてあっても、放置したままにしてるところがあるのですが、このようなところで購入した子犬のトイレトレーニングは時間がかかることがあります。上記で触れたように、犬は寝床と食餌をするところに糞便をしない習性があるのですが、子犬の頃から糞便を踏み続けてきたワンちゃんは、トイレの上で平気で寝たり食餌をしたりするので、犬の行動学に基づいたトレーニングが難しい場合があるのです。
 












© 2005 - 2017 Dog Door